2007年03月31日

15年間ありがとう。

昨日、電動車椅子とお別れしました。



出かけるために、母が車のエンジンをかけたら調子が悪く、エンジンを切ろうとしても切れない。
やがて、焦げたような臭いがしてきて、車は修理に引き取られていきました。

この車、4月に別の部分の修理で預ける予定だった。
そのときに、私の古い電動車椅子を処分する予定だった。

それが、車のトラブルのおかげで、車椅子の処分も早くなりました。
(ん〜、説明がややこしいな。)


・・・とにかく。
予定より早く、車椅子との別れが来たわけです。


その電動車椅子は、私が中学生のときに初めて作ったもの。
第一号。
それまでは自分でこぐタイプの普通の車椅子だったけど、
こぐ筋力がないからほとんど動けなかった。
学校の教室移動も1人ではできない。

そこにやってきた第一号は、私に自由をプレゼントしてくれました。
当時は学校の中だけだけどね。
それでも先生の手を借りずに友達のいる教室へ行けるのは嬉しかった。

何年か経って、体の状態も変わり、新しい電動車椅子を作ったけど、新しい電動車椅子を修理するときは、第一号が活躍してくれました。


でも、最近、充電が壊れて出来なくなってしまい、電動車椅子は充電できないと、ただの重たい車椅子になっちゃうから、捨てることを決意したの。


別れは突然やってくる。

壊れた車と一緒に、第一号は引き取られていきました。
ゆっくりお別れを言うヒマもなく、バタバタと。

15年間ありがとう。第一号。
電動車椅子が15年もちゃんと動くことは珍しいのに、よく頑張ってくれたね。
第一号のことを忘れずに、これからも自分にあった電動車椅子を作れるように、頑張るよ。
posted by 千枝 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15年も〜

大事に大事に使われてきたのですね。

Posted by きらら at 2007年04月02日 11:07
この数年は使ってなかったんですけど、それでもちゃんと動いてたし、頑張ってくれました(^^)
Posted by 千枝 at 2007年04月06日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック