2020年06月18日

子どもたちの夢を乗せて

昨年末から制作に携わらせていただいていた冊子
『合意形成のショコラティエ
  医療的ケア児の発達支援における合意形成に関するワークショップ報告集』
が完成しました。
発行・監修をされた熊本保健科学大学の佐々木千穂先生の
「医療的ケア児のご家族の大変さを多くの方に知ってもらい、
 子どもたちがそれぞれの力を発揮できる世の中になってほしい」
という想いが込められた冊子です。
昨年の夏に開催されたワークショップで講師をされた方々を始め、
ご家族、支援者の方から寄稿していただいた原稿、
そして私たち当事者の原稿などをまとめています。

私は、編集部の一人として、主に冊子のデザインをさせていただきました。
まず、表紙の絵の制作。
佐々木先生から
「小さなチャレンジャーが社会に出て活躍している未来」
を描いてほしいというお話をいただきました。
壮大なテーマにとても悩みましたが、実際に子どもたちの夢を聞いてみると、
これは必ず形にしなくては!という思いが湧いてきました。
現実とかけ離れた未来ではなく、支援さえあれば可能になる未来を描いたつもりです。

表紙絵の制作にはとても時間がかかってしまい、他の作業が押してしまって、
佐々木先生をはじめ原稿にご協力くださった方には色々ご迷惑をおかけしました…。
そんな中で、「子どもたちの夢」を集めたページの制作をしながら、
子どもたちの可愛い写真やイラストにたくさんパワーをもらいました。

また、私も当事者として原稿を書かせていただきました。
自分が子供の頃に受けた支援と、支援者にお願いしたいことを書きましたが、
文章にまとめるのがとても難しくて…。
拙い文章になってしまいましたが、少しでも誰かの役に立てることを願うばかりです。

医療的ケアの必要な子どもたちに関わる方々の思いがたくさん詰まった冊子です。
たくさんの人に読んでもらえたら嬉しいです。

PDF版もありますので、以下のページより、ご自由にダウンロードしてご覧ください!



20200614_124636.jpg
posted by 千枝 at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする